ブームのギリシャヨーグルト

アメリカでここ数年大ブームを起こしているのが、ギリシャヨーグルト。
スーパーマーケットに並ぶギリシャヨーグルトのブランド(Chobani, Oikos, Total etc.)も、また風味の種類も年々増えるばかりです。あるスーパーのヨーグルトの棚の半分はギリシャヨーグルトが占め、ヨーグルトの4つに1つはギリシャヨーグルトが買われていくそうです。

どうしてアメリカにギリシャヨーグルト?と不思議ですが、実はアメリカのヨーグルトは美味しくないと思っていたトルコ人のHamudi Ulukaya氏が2005年に、たまたまクラフト社が売りに出した100年物の古い ヨーグルト工場を買い取り、その2年後の2007年にギリシャヨーグルト“Chobani”  チョバー二(ギリシャ語で“羊飼い”)を生産、販売したのが始まりだそうです。

今までにない濃厚でクリーミーな食感を持ちながら、従来のヨーグルトより高タンパク質、低脂肪、無添加と言う事で、まずヘルシー志向のアメリカの女性に人気が出、その後一般の人々にも広まっていったようです。

牧畜文化が盛んだったギリシャでヨーグルト製造が始まったのは紀元前にさかのぼりますが、ギリシャヨーグルトと普通のヨーグルトの違いはその製造方法にあります。

一般的なヨーグルトは乳製品を温め発酵させて造りますが、ギリシャヨーグルトは発酵させたヨーグルトをさらにモスリンと呼ばれる綿のガーゼのようなもので出来た袋で濾過し、余計な水分や乳清を除去していきます。この“水切り製法”のため通常のヨーグルトより酸味の少ない濃いクリーミーなヨーグルトに仕上がり、タンパク質等の成分も凝縮されるので、その栄養価も約2倍になるそうです。

またギリシャヨーグルトは熱を加えても凝固しにくいため、デザートや冷たい料理だけでなく温かい料理にも利用されており、ヘルシー食材としても注目を浴びています。

数あるブランドのギリシャヨーグルトですが、やはりお勧めは米国市場に突然の ブームを巻き起こした元祖、Ulukaya氏のギリシャヨーグルト“chobani”です。 遊牧民に愛され育まれたギリシャヨーグルト。濃厚でクリーミーな食感を一度試してみませんか?

@お知らせ:

リダックウエストチェスターオフィスでは、昨年よりご赴任された奥様を対象とした、「リダック奥様広場」を隔月で開催し、お陰様でご好評を戴いております。
この催しはご赴任間もない奥様達のアメリカ生活の立ち上がり支援を目的とし、 日米の商習慣の違いや地元の情報、又家の手入れの仕方など生活に密着した話題や情報をご提供しております。同時期に来られた方達が気軽に日本語で悩みなどを 話せるので、お友達作りのきっかけにも活用して頂いております。

さらにこのたび、この「奥様広場」にご参加された方々からのご要望により、気軽にご参加頂けるサークル「リダックくらぶ」を発足することとなりました。このサークルは不定期ですが、リダックウエストチェスターオフィスが、奥様たちのご興味のある企画や催しを開催致します。

会費は無料で、催しにご参加する場合の実費のみになります。現在ある企画は、
「子育てに関するスピーチ」「ワインテースティング」「フラワーアレンジメント」「英語本読書会」などですが、皆様のご希望も承わります。

この「リダックくらぶ」ご参加にご興味がありましたら、以下までご連絡下さいませ。企画の度にお知らせのメールを送付させて頂きます。

ykasahara@redacinc.com or 914-921-2525 (笠原まで)

笠原
REDAC Westchester Office

カテゴリー: 食品 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中