Greenwich Point Park/Beach 耳よりな話

今回はコネチカット州Greenwichにある素晴らしいビーチをご紹介します。Greenwichにはフェリーに乗っていく島のビーチ、Byramビーチ、そしてGreenwich Point Park/Beachなどいろいろといくつもあります。

その中でも一番大きくて各種アクテビティーが出来るOld Greenwich先端の岬にありますGreenwich PointまたはTod’s Pointともいわれるビーチパークが楽しめます。

11月から4月までは シーズンオフとなり、一般に公開されます。Greenwichの住人でなくても、勿論住民の方でも自由に入ることができます。11月は紅葉も楽しめますのでお勧めです。

シーズン中は(5月から10月まで)Park Passというパーミットが必要でお持ちでない方は自由に入れません。Greenwich町(Cos Cob、Riverside 、Old Greenwichを含む)の住人のみ申し込めるパークパスを必要とします。ただし非住民の方でも 1日パス券を買い求めて利用することはできますが、ビーチの入り口では1日パスは販売していません。

そのチケット購入は、平日特定の場所(Eastern Greenwich Civic Center)に出向いて買い求める必要があります。週末の購入はできない事、そしてシーズン中の1日パス(Day Pass)の料金は 一人$$9,車で行かれると思いますがパーキング料金が1日$40.と高いですのでなかなか難しいです。(ただし5歳未満無料、65歳以上無料)それが11月になりますと自由にゲートを通過できます。Day Passも駐車料金も必要なしです。

Greenwich Point Parkにはビーチだけでなく、自然の遊歩道も備えた森があり、池、ヨットクラブ、ヨットハーバー、ヨット教室(シーズン中のみ、子供大人もレッスンが受けられます)、ピクニック場、バーベキュースタンド、Bird Watching、魚釣り、潮干狩り、簡単な食事のできる売店、更衣室、シャワー室など兼ねそろえています。ランチをもって、スナックを用意して散策やジョッギング、サイクリングなどお勧めです。

公園は147エーカーに及ぶ岬で周りは海に面していて、海岸線に沿っての遊歩道もありますので海の眺めが十分に楽しめます。対岸のWater Frontの高級住宅の眺めも素晴らしいですし、マンハッタンの摩天楼が天気の良い日はきれいに見えます。また湾の向こうにはLong Islandがみえます。ところどころで釣りをしている人もあり、また砂浜には時々カブトガニの甲羅が落ちていたりで、カブトガニも生息しているのですね。その他 凧揚げ大会や、砂の祭典、Clam Bakeなどの催し物もあります。

元々住民用のビーチで Beach Pass(Park Pass)がなければ入園できないと思っている方も多いかと思いますが、シーズンオフの間は誰でも入れますので、ぜひ立ち寄って、楽しんでみてはいかがでしょうか。あまり知られていないオフシーズンのFree Passの情報です。

行き方:I-95ハイウエーの出口Exit5を右折、East Putnam Avenueに出て次の信号右折(Sound Beach Avenue)を直進しますと、Old Greenwich Stationを抜けてそのまま道なり、海の方に向かいますとShore Roadにぶつかりますので、またそこで右折、そのまま道なりに進んでいきますとGreenwich Point Park入り口になります。

今週の「米語Watch」です。

カテゴリー: 公園 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中